特別番組「FMフェスティバル2018  未来授業~明日の日本人たちへ」

特別番組

・日時:11月23日(金・祝)16:00-19:00


・名称:特別番組「FMフェスティバル2018  未来授業~明日の日本人たちへ」


・内容:

 
  「僕らの時代の生存戦略」をテーマに、

  隈研吾(建築家)×山口一郎(サカナクション)。

  池上高志(人工生命研究者)×コムアイ(水曜日のカンパネラ)。 

  が登壇し、参加大学生たちへ“未来を生き抜くヒント”を投げかけました。

  総合司会は、脳科学者・茂木健一郎と『SCHOOL OF LOCK!』のとーやま校長。

  さらに、欅坂46の尾関梨香も特別参加し、授業の感想をステージから紹介。

  なお大分からは、プロ車椅子ランナーの廣道純さんが、

  「未来の目標…やっぱり常に、『今』。いつ死ぬか分からないから、今日できる精一杯を1日やる」

  の内容で公開授業しました。その模様をオンエア。

 

・備考:武井壮とサンボマスターのオレたちラジオ団、交通情報は、休止。
    UNISON SQUARE GARDENの機材車ラジオは、休止。
    ガンガン☆トラベル <ジェットスター>は、15:55~16:00に、時間移動。
    fmごじしちじ、JFNニュースは、休止。

 

幸運の女神 来社

2018年4月20日

全国発売中の「ドリームジャンボ宝くじ」と「ドリームジャンボミニ」のPRで、

宝くじの<幸運の女神> 新竹紗帆(しんたけ さほ)さん が、来社されました!

20180420_02

宝くじで作られた扇子と笑顔がステキです!!

ドリームジャンボ宝くじについて

詳しくは、宝くじのHP をご覧ください☆

玖珠町 日本童話祭 宣伝隊が来社されました。

Img_3564

Img_3561

第69回 日本童話祭は、5月5日(土・こどもの日)

玖珠川河川敷会場と森自治会館前 三島会場 で開かれます。

詳しくは ⇒ 第69回 日本童話祭

ロマン長崎の清竹史苑さんが来社されました。

 長崎の物産観光展 

キャンペーンで、「ロマン長崎」の清竹史苑(きよたけしおん)さんが来社されました。

長崎の物産観光展は、04/05(木)〜04/10(火)、トキハ本店8F/北・中央催し場で開かれます。

>>詳しくはこちら<<

 

Img_3535_2

「豊後大野市チューリップフェスタ20108」の宣伝隊の方々が来社されました。

「豊後大野市チューリップフェスタ20108」の宣伝隊の方々が来社されました。

 

Tyurippu


  豊後大野市緒方町の「チューリップフェスタ2018」が、

  4月7日(土)から4月20日(金)まで mist 原尻の滝周辺を中心に開催されます。

  会場は、 bud 100種類30万本の、色鮮やかなチューリップで彩られます。

  

  昨年末に行われたチューリップフェスタの球根の植え付けには、

  pencil 三重総合高校久住校の生徒さんも参加され、

  イベントに一役買っています。是非、お越しくださいネ。

 

・豊後大野市公式HP

京都展 芸妓さん、舞妓さん来社

Dsc_0369

芸妓さん:久鈴さん(左)  舞妓さん:市彩さん(右)

京都展で踊り披露をされる、芸妓さん、舞妓さん来社が来社されました。

京都展は、トキハ本店8階催し場で、開催されます。

踊り披露は、10月26日(木)~28日(土)。

詳しくは、

以下トキハのWebサイトでご覧ください。

 京都展   

由布院観光協会の方々が、今秋の由布院の催し「ゆふいん十月祭」の宣伝で来社されました。

由布院観光協会の方々が、今秋の由布院の催し「ゆふいん十月祭」の宣伝で来社されました。

「ゆふいん十月祭」のテーマは、~五感で感じるゆふいんの秋~

 

Dsc03208xq 

 

■10/09 第43回由布院牛喰い絶叫大会

■10/10-15 第36回食べ物文化フェア 

■10/10-31 ぼんちdeランチ&ディナー 

■10/13 ゆふいん体験アクティビティー

が開催されます。


詳しくはコチラをご覧ください⇒ 由布院温泉観光協会のHP

 

大新潟まつり 宣伝隊の皆さんがキャンペーンで来社されました。

第8代にいがた観光親善大使の 小林葉月さん(写真中央)と、
宣伝隊の皆さんがキャンペーンで来社されました。

 

Dsc03201ggg


大新潟まつりは、トキハ本店 8階催し場で、

9月14日(木)~19日(火)開催。

小林さんの来店は、9月14日(木)・15日(金)です。 
※15日(金)は、12時まで。

詳しくはコチラをご覧ください⇒ 大新潟まつり

 

送信機リモコンの改修について

送信所は山の上にあり、通常は無人の状態ですので、送信機のON/OFFや、送信状態の確認などのため、監視装置(リモコン)が付いています。

↓これが大分東局用のリモコンの画面です。

Dsc_0610_r

左上部に「大分東送信所」と記載されているのが判るかと思います。

今回の引っ越しは、送信機を移設するのではなく、”古い送信機を更新”しましたので、新しい送信機になっています。

送信機が新しくなると、監視項目が変わったり、リモコンで制御できるスイッチが変わったりといろいろ設定を変えないといけません。

通常、リモコンの更新というと、”リモコン装置本体を更新”するものです。

しかし、現在使っているリモコンは、エフエム大分の本社が東春日町から府内町に引っ越したい時に更新した”新しい設備”でしたので、さすがにこれを更新するのはもったいないですよね。

そこで今回は、ハードウェアは更新せず、ソフトの改修のみで済ませています。

大分東送信所を制御するアプリを開発したということになります。

本社(演奏所の対応)

送信所を移転は、”送信所を動かす”という点でも大変なのですが、移転に伴いいろいろな付帯作業が発生します。

本日は、エフエム大分の本社側(演奏所)の対応をお伝えします。

エフエム大分の番組やCMは、本社の演奏所から送出されますから、これを放送するために送信所まで”音”を伝送しています。

FM大分では、光専用線を利用したIP伝送(デジタル回線)を利用しています。

十文字原で送信していた時は、この回線が十文字原送信所と演奏所の間で結ばれていました。

これを大分東送信所との接続に変更しなければいけないわけです。

光専用線を一晩で切り替えることはできませんから、あらかじめ大分東送信所に回線を新設しておいて、十文字と大分東両方に音を送れる状態にしておきます。

要するに大分東向けの回線を追加するわけです。

写真は、移転終了後のIP回線の端末(ONU)とルーターです。

Dsc_0611_r

2段になっているのは、万が一回線が切れた時のためのバックアップ(予備回線)があるからです。

そしてこちらが移転前、十文字原向けに使っていたONUです。

Dsc_0612_r

撤去されたので、床に転がっています。

深夜の切り替え作業で時間がなく、とりあえず外したというところですね。

このように書くと、回線の切り替えは簡単なようですが、

実際には、音をデジタル信号に変換するためのコーディックや
送信機を演奏所でコントロールするためのリモコンの接続など作業はたくさんありました。

また、同時に2箇所に音を送るわけですから、機材も通常の2倍用意されていました。

次回は、リモコンの改修をご紹介しましょう。