« 特別番組「FMフェスティバル2018  未来授業~明日の日本人たちへ」 | メイン | WANTED 熊本公演レポート »

竹田中継局更新工事(アンテナ工事編)

FM大分も開局して30周年を迎え、設備も老朽化していますので、放送設備も順次更新しています。

FM大分では、竹田市を中心とする地域に向けて、竹田市三宅山の竹田中継局より81.8MHzで放送しています。
この竹田中継局では、現在放送設備の更新作業の真っ最中です。

Img_4385

Img_4387

竹田中継局では、FM大分親局の電波88.0MHzを受信して、これを81.8MHzに変換して再送信しています。

中央に移っている5素子八木アンテナは、88.0MHzの電波を受信するためのアンテナです。

Img_4403

リングアンテナという方式のアンテナになります。
同じアンテナを3つ重ねて使用します。
「リングアンテナ3段方式」ですね。

写真に写っているのは、カバーで、このお椀型のカバーの中に輪っか状のアンテナが入っています。

Img_4401

送信アンテナを取り付ける土台になる(マスト)を鉄塔に取り付けているところです。

けっこう高い場所での作業ですが、手際よく取り付けられていきます。

送信アンテナの取り付け作業です。

ワイヤーで釣り上げて固定していきます。

Img_4409

Img_4410

Img_4412

新竹田中継局の放送開始は、9月23日(月)の予定です。

放送は何も変わらないのですが、普通に放送するために日々の整備が欠かせません。

次回、放送機(送信機、受信機)の設置工事をお届けします。

参考 ⇒ FM大分親局(88.0MHz)の移転工事の紹介