メイン | 国東半島峯道ロングトレイル ガイドのご紹介 »

2019年8月 9日 (金)

国東半島峯道を体験してきました!

バスツアーを開催するにあたり、クボタヨシフミ自ら、コースを体験してきましたので、これから複数回に分けて紹介します!

Img_4292

初回は午前中のコース「旧千燈寺跡~五辻不動尊」と、午後のコース「中山仙境」の特徴を紹介します。

まず、「旧千燈寺跡~五辻不動尊」と、午後のコース「中山仙境」はどちらも、数ある国東半島峯道ロングトレイルコースの中でも、”特に人気のあるコース”であるという事をお伝えしたいです。

普通は2日に分けなければ廻れない人気スポットを一日で回るという贅沢なツアーになっています。

そして、どちらのコースも”ガイドがいるから楽しめる”コースとなっています。

そのあたり、じっくり紹介しますので、お楽しみに!

まずは、「旧千燈寺跡~五辻不動尊」の紹介です。

こちらのコースの特徴は「国東半島の史跡めぐり」というところです。

千燈寺は、国東六郷満山寺院を開基したといわれる仁聞菩薩が開いた最初の寺院で、ここは、国東半島仏教文化の原点とも言える場所になります。

奥の院、仁聞菩薩の入寂(最後)の地、五輪塔群などの見所があり、ここまでは石畳の上の”散策”という感覚でガイドの説明を聞きながら、楽に歩けます。

Img_4241

五辻不動尊は、断崖絶壁に立っており、ちょっとだけキツイ登りがありますが、ここに到着すると絶景が待っています。

一方、午後のコース「中山仙境」は、正にトレイルコースです。

断崖絶壁、鎖場ファンにはたまらないスリリングなコースが続きます。

Img_4307

そして、有名な「無明橋」が登場します!

Img_4313

もちろん地蔵尊などの史跡も残るのですが、こちらは”ワイルドな国東の大自然を楽しむコース”と言うのが正解でしょう。

半日のコースですが、十分”登山”の気分を味わうことができます!

「中山仙境」を降りたら、お待ちかね!・・の温泉です!

Img_4367

厳しい「中山仙境」を越えた後の温泉は格別ですよ。

「クボタヨシフミと行く国東半島峯道ロングトレイル バスツアー」申し込み詳細はコチラ

メイン | 国東半島峯道ロングトレイル ガイドのご紹介 »

コメント

コメントを投稿