« ロングトレイル・ガイドの山本さんを紹介します! | メイン | 参加者プレゼントのタオルが届きました。 »

2019年11月 5日 (火)

トレッキングに必要な(あった方が良い)物を紹介します。

今回、ツアーの見所の一つである「中山仙境」は、一味違うコースなので、普通のトレッキングとはちょっと違います。

今回のトレッキング・コースは、距離は短いのですが、「中山仙境」の魅力が凝縮されていて、たくさんの見所やすばらしい体験ができるコースです。

まず、鎖場が多いのが特徴です。

↓このような鎖場が次々と出てきます。

Img_4303

このように急な上り坂を登りやすいように鎖が付いているんですね。
鎖を持って登ると楽なんですが、強者のクボタは使わずに平気で登って行きました。

中山仙境が”初心者に優しいな”と思うのは、最初は、こんな”別に鎖なんて要らないし”という感じの、優しい鎖場から始まるところです。

”物足らない”と思ったところに、けっこう急な鎖場が出てきます。

↓コチラは、頂上の手前にある鎖場です。Img_4326

登りがあれば、下りもあります。↓

Img_4342

↓こちらは、カニの横ばいと言われる横方向の鎖場です。Img_4344

これは登るのではなく、横に伝っていく鎖場です。

先に行くのはガイドの後藤さん。
「このように、3点保持で進みます!」とアドバイスがあります。

初心者でも安心です!!

さて、この鎖場を楽しむために、”あった方が良いな”と思うのが軍手、グローブ、手袋の類です。

できれば、滑り止めが付いたタイプがお勧めです。

もちろん専用のグローブもあるのですが、持っていないという方は、滑り止めが付いた軍手がお勧めです。

ボツボツのゴムが付いた↓このような物。

Mono0848504118100902

また、最近、良く見かける↓このようなタイプの軍手

Mono3110129718100902

どちらでも大丈夫です。

100円ショップとかでも売っているので十分ですから用意していただけると鎖場を満喫できますよ。

次に靴です。

今回は距離が短いので、本格的な登山靴でなくても大丈夫だと思いますが、ゴツゴツした岩場が続きますので、やはり底が硬い物、また特に重要なのが”滑りにくい”事です。

「無明橋」など、完全な岩です。
万が一、この上で滑ってしまうと大変なことになります。

Img_4313

今回のツアーには、初心者も参加される予定ですので、危険と判断されるような天候の場合はツアーを中止しますが、最低限、岩場でも滑らない靴を用意してください。

« ロングトレイル・ガイドの山本さんを紹介します! | メイン

コメント

コメントを投稿